食生活の改善が最優先です

栄養補助食品

有効な食材を摂取します

コレステロールの値が高い場合には食生活の改善で下げることが可能です。コレステロール値が高い人は脳血管の疾患などの重篤な病になる可能性もありますので、健康診断の結果を無視しないで改善に取り組むべきです。コレステロールを下げるには、肉類や卵類を減らして魚介類や大豆食品を増やすことが重要になります。良質な蛋白質を安定的に摂取するためには動物性蛋白質である肉類の摂取は欠かせません。しかし、同じ蛋白質であれば、できるだけ肉類よりも魚介類から摂取する方が好ましいです。鶏卵や魚卵にも良質な蛋白質が含まれますが、コレステロール値の観点では好ましい食材ではありません。卵類の摂取を抑制して大豆などの植物性蛋白質を積極的に摂取したいものです。

サプリの併用も有効です

納豆と青魚はコレステロールを下げる上で有効な食材であることが知られています。しかし、毎日のように食べることは難しいので、その成分を含有するサプリメントを摂取することも効果的です。サプリメントだけに頼る食生活は好ましくありませんが、食生活の改善と併用することは効果が期待できます。多くのサプリメントが薬局やスーパーで販売されていますので定期的な摂取をすることが望ましいです。サプリメントは医薬品ではありませんので、治療としての効果は期待でいないことに注意が必要です。食生活の改善が大前提であって、それをサポートする存在がサプリメントなのです。コレステロール値は食生活の改善とサプリメントの効果的な摂取で確実に下げられます。